View profile

Podcastの編集についての準備号 - ほっとテック Newsletter

ほっとテックからのお知らせ
Podcast番組「ほっとテック」は、IT業界歴20年の@941と、エンジニアの@youheiが「ほっと一息つけるテックな話題」をテーマに雑談を交えお届けします。Twitter 🍵🦾ほっとテック公式をぜひフォローしてください。
Podcastの配信は3月中旬を目安に開始予定ですが、準備している様子を公開していこうということで、今回は「Podcastの編集」について準備号をお届けします。惜しみなく知見を共有していただいているRebuild.fmmiyagawaさんに感謝いたします。

Podcastの編集は全てRebuild.fmのmiyagawaさんが教えてくれた
こんにちは youhei です。
2⽉頭に「Podcast を始めよう」と思い⽴ってから準備を開始し、今はだいたい週⼀ペースで収録してます。最初の収録後にフリーソフトの Audacity でググりながら色々編集してみたのですが
941
じつはPodcastを始めようと思っていて、相棒と一緒に色々と準備をしてる。ああでもないこうでもないとやってるのが大変たのしいw 公開は3月以降の予定だけどわからんことだらけなので諸先輩方に質問しにいこう… なんもわからん…
941さんと同じく、「なんもわからん」になりました。
そこで miyagawa さんブログの “Post-Production” を参考にしました。
Podcasting Setup 2020. It’s been a while since the last time I… | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
結果としてたくさんの知見が得られたので忘れないうちに共有してみます。
まずブログを読んで Auphonic LevelerLogic Pro がある方が参考にしやすいとわかったので意を決してこの2つのソフトウェアを購入するところから今回の学びは始まります。
ポストプロダクションからの学び
記事を読んでみて、ポストプロダクションの流れを説明すると以下の手順になります
  1. ダブルエンダーで録音した音源を用意
  2. Auphonic Leveler で音圧そろえる (LUFS-26, WAV 44.1khz mono)
  3. Logic Pro でそれぞれの音源に合わせた PlugIn 設定をする
  4. Logic Pro で Split Silence + 編集で不要な音を間引く
  5. Logic Pro でバウンス(WAV 44.1khz, Normalize off)
  6. 再度 Auphonic Leveler で音圧そろえる (LUFS-19) ※全エピソードでボリュームを同じくらいに揃えておきたい
  7. Forecast で mp3 (64kbps, mono) 化
Auphonic 自体にもノイズ除去とか色々フィルターあるけど使わずに基本的には音圧を揃えるためだけに使う。加工は可能な限り Logic Pro に寄せている。
これがざっくりした流れ。
ただ miyagawa さん記事ではわからない細やかな点や2020年以降のアップデートを知りたくなった。これについては Twitter 検索で “from:miyagawa 〇〇” で検索するとほとんどの疑問に対する回答が得られることがわかった。(ほとんどネットストーカーである)
参考になった tweet
それぞれの plugin の用途
Tatsuhiko Miyagawa
役割としては、
DeVerberate: 部屋の反響消し
DeClick: プチプチというマイクノイズ消し
EQ: 低音と高音あげてプレゼンス、5kHzまわりのサ行音消し
Compressor: ダイナミックレンジ下げて大きい音をつぶす
DeEsser 2: さらにサ行消す
Vocal Rider: 全般に音大きいところと小さいところの差を縮める
最近のおすすめ設定
Tatsuhiko Miyagawa
my old (and now current) method:
- import individual track at -26 LUFS
- denoise, declick as needed
- Channel EQ
- RMS compressor, -15db 2:1
- DeEss2
- Vocal Rider +/-1.5, -21dB, slow
- Adaptive Limiter -1dB on Master track
- Auphonic Leveler -19dB
咳や相槌を間引いていく作業には Strip Silence が神
Tatsuhiko Miyagawa
Logic Pro X の Strip Silence は神。これだけのために $200出す価値がある。前は手動でやってわけですよ。
間引く作業はこのショートカットでサクサクできて便利
Tatsuhiko Miyagawa
@tksohishi cmd-click でsplit, shift-f で select following track、space長押しでちょっと戻る、あたりで十分
相手のマイクにヘッドフォンから漏れた自分の声が乗っちゃった場合は Auphonic の crossgate を使うと良い(収録時気をつければやらないで良いことではある)
Tatsuhiko Miyagawa
@ihara2525 金で解決としては、Auphonic ってサービスの crossgate がそれやってくれます。オフライン版もあるので楽したいときはそれ使ってますが。あとは Logic Pro X にある Strip Silence で、いい具合のレベルから下を削るとだいたい消えます
Vocal Rider plugin の役割はマイクの距離や音量の大小の差を吸収すること
Tatsuhiko Miyagawa
@n0442 しゃべってないところは Remove Silence で消してるのでその用途ではないですね。人によって、マイクの距離が収録中とかにかわったり、音量の大きいところと小さいところの差があるのを吸収しています。コンプレッサーを強くかけるのはいやなので
DeEsser 2 plugin (サ音抑制) はだいたいデフォルトで使ってる
Tatsuhiko Miyagawa
I just used DeEsser 2 on the latest episode of #rebuildfm - i honestly don't know all the knobs yet but the default seems to have worked really well https://t.co/jSFfiKh7Xi
Logic Pro でも音圧揃えられるから Auphonic 使わない道を模索されているが結局は2015年からずっと使い続けている模様(なので Auphonic 買って損はない)
Tatsuhiko Miyagawa
Stopped this experiment and reverted to the previous method, since I personally don't like the compression artifacts and it seems the compression affects some EQ as well, making the voices a bit muffled. https://t.co/8DLTjpv8Ll
おまけ. リップノイズ気になる場合はリンゴをかじると良いんだって。合間にはリンゴを食べよう。
アップルマジック!!!: 田中敦子のCafe*Central Park
自分たちの番組と Rebuild の共通点と差異
共通点
  • (基本は)二人で喋る
  • リモート収録
差異
  • 収録環境と相手が毎回同じ
  • ライブ配信はしてない
  • 二人ともホストだから収録環境の工夫ができる
  • ※反響しない部屋にする、生活音減らす、マイク揃える(やりすぎ)
  • 収録時に生活音を除去するために Krisp というノイズキャンセラーのソフトを使ってる
上記の観点からノイズ除去系の plugin は不要にできるかなとおもい必要なソフトウェアをしぼって買った
といいつつ初回収録はKrisp使ってない影響もありリップノイズやプチプチ音がどうしても気になったから結局追加でコレも買っちゃった
Acon Digital DeClick 1.5 - Acon Digital
でもポストプロダクションをがんばればレコーディングで発生した問題を挽回できることを体感できたのは良かったです。
tweet も参考にしてひととおり自分でポストプロダクションした後の感想
  • 録って出しと比較すると断然聴きやすくなった
  • miyagawaさんの記事と Rebuild の音づくりが一定の基準になるので、編集作業にあれこれ悩まないで何を話そうかという本質的なことにフォーカスできる余裕がうまれた
  • 一度 Logic Pro のプロジェクトを作り込めば次回から同じことがラクに再現できるのが良い
  • Logic Pro は音楽制作のためのDAWでPodcastの編集には too much なところもあるし高価な選択肢です。でも時間の節約になるから初期投資としてオススメできます。Apple 製品らしいさわってて気分がアガるUIもいい。
まとめ的なもの
初めてポストプロダクションをまじめにやってみて、二人で喋る番組ではお互いの声が同じくらいで揃っているかどうかはすごく重要な要件だと感じました。例えば一方の声が小さいとリスナーが手元のボリュームをいじっても、もう一方の声が大きくなり過ぎるからどうにもできません。これが多大なストレスになるのは想像つきます。
このことから Podcast における音質の良さというのはカタログ的な高音質で録音されているということではないのかなと考えるようになりました。聴いてみて違和感や驚きなど小さいストレスが無いときに人は「音質がいいね」と感じるのだとおもいます。
今日は miyagawa さんの情報をベースにポストプロダクションについて調べた話をしました。他にも miyagawa さんの Podcasting Setup からは、録音機材選び、ライブストリーミングの構成、リモート・オフライン双方の収録テクニック、公式サイト運営、chapter設定などのTips、などなどたくさんの貴重な情報が得られます。長年の知見がまとまっているので一個一個の情報が広くて深いです。今回自分はポストプロダクションのみにフォーカスしましたが、同じようにたくさんの知見の中から自分が必要な部分のみを参考にするのがポイントかもしれません。
参考資料
実際の編集作業の様子
Podcast Post Production #rebuildfm
ほぼ Annual のPodcasting Setup 記事
Podcasting Setup 2020. It’s been a while since the last time I… | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
Podcasting Guide 2017. 毎年記録しているポッドキャスト収録環境のまとめ。2016年のスナップショットから… | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
Podcasting Setup 2016 | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
Podcasting Setup 2015 January | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
Podcasting Setup for Rebuild.fm (2014 January) | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
Podcast recording and editing | by Tatsuhiko Miyagawa | Tatsuhiko Miyagawa’s Blog
おわりに
この資料はドングリFMのコミュニティ「裏ドングリ」の中にあるPodcast配信者が集う部屋で「編集なにもわからないので教えてください!」と言っていたら勉強会しようという流れになったので作った資料でした。裏ドングリの皆さんもありがとうございました。
勉強会の様子
勉強会の様子
私達のPodcastの配信は3月中旬を目安に開始予定です。アイコンやBGMを含めて色々と準備を進めているので、このNewsletterで準備号をまたお届けしたいと思っています。Twitter 🍵🦾ほっとテック公式も、ぜひフォローしてください。
Did you enjoy this issue? Yes No
ほっとテック
ほっとテック @hottotech

ほっと一息つけるテックな話題をテーマに雑談を交えながらお届けするPodcast番組「ほっとテック」の更新通知を受け取ることができます。
Podcastの購読はこちらからお願いします
Apple: https://apple.co/35H5n3f
Spotify: https://spoti.fi/3HWtE28
Amazon: https://amzn.to/3I70KMO
Google: https://bit.ly/3JbVzN4
Anchor: https://anchor.fm/hottotech
RSS: https://bit.ly/37h82AY

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Created with Revue by Twitter.